評価: 12345 (まだ評価がありません)
読み込み中...

4月21日~23日Mid Week Madness Sale!

『Dead by Daylight』は、プレイヤーが残忍なキラー(1人)と、キラーに捕まって殺されないように逃げ回るサバイバー(4人)に分かれて対戦する、4対1のマルチプレイヤーホラーゲームです。


DLCコンテンツ

Curtain Call Chapter

道化師に対する恐怖、またはどぎついメイクで描かれた笑顔の下に秘められた悲しみについてはよく語られます。では実際にそこにあるのが悲しみではなく、 悪意だったら?暴飲暴食を追求することにのみ費やされた人生から生まれた悪意そのものであり、他者を拷問を行うための器としてしか見ず、その肉体を指一本になるまで削ぎ落とし、コレクションとするような精神だったなら?このような存在が生き延びるためには、変装が欠かせません。明るい色と大きな笑顔です、たとえそれが単に塗られたものであったとしても。

ケイト・デンソンの微笑みは真実のものであり、フレンドリーで温かい。彼女は愛、生命、家族、そして希望の歌を高らかに歌い上げます。彼女はその価値観を何よりも大切にしており、それを破壊しようとする者がいるとそれが誰であろうと戦います。

ソウルカーニバル
カーニバルは喜びと笑い、色と光に溢れる場所であり、闇の中で輝く幸福のかがり火です。絵の描かれたパネルと孤独なキャラバンの招くような灯りに誘き出されて、群衆と音楽から離れすぎないように。さもなければあなたの指もクラウンのコレクションとなってしまうかもしれません。



Darkness Among Us Chapter

平穏な生活にも多くの危険が潜んでいる。だが、変わらない日常の安心感は底知れぬ脅威の危険をあまりにも心地よく、馴染み深く覆い隠し、その存在に気付いた時には「時すでに遅し」となる。あなたの身近な人物でさえ、心掻き乱す暴力的な衝動に駆られることがあるかもしれない。闇は私たちの日常の中に潜んでいる。

思春期に特有の、止めることのできないむき出しの渇望、そして衝動。同じように、「何かに属したい」という欲求は信じがたいほどに高まる。本能のままに生きるリーダーに出会った3人の十代の若者が見たものは、中毒性をともなう自由だった。共に手に負えない状況に陥った彼らは好ましくない集団、レジオンとなり、ルールというルールを破っていく。

過去の郷愁にとらわれたジェフ・ヨハンセンは、何かに招かれるようにして思い出をだどる旅へ出る。生まれ故郷に戻ったジェフには、後に残していかざるを得なかった全てのことに向き合う覚悟ができていた。しかし、慣れ親しんだものが安全とは限らないうえに、不適切な時に不適切な場所に行くのに遅すぎることもない。



Shattered Bloodline Chapter

恐怖というものは、ありふれた日常の中に潜んでいることがある。「昔ながらの家庭」という装いの下ではびこる暴力。この飽くことのない闇の力が牙をむく時、人生は崩壊し、家族は砕け散る。怒りは彼女の血の中に息づいていた。彼女が家庭で経験した想像を絶する恐怖は、彼女の心に傷を残した。そして今、復讐に駆られた彼女は、この世とあの世の狭間をさまよい歩く。

アダム・フランシスには、何の遺産も残されていなかった。彼が所有するものはすべて、彼が自分の力で手に入れたものである。勤勉で強い意志を持つ彼は、その気になれば何でもできるということが分かっていた。その努力のおかげで、彼は故郷から遠く離れた地で職を見つけた。そして今、日本に住む彼は、自分が一人で学んできた数々の教訓を、人々に広めている。



Demise of the Faithful chapter

計り知れぬ未知なる者を受け入れ、人知を超える膨大な事象に身を委ねよ。それが信仰者の誓いである。闇に囲まれた人々は安全な場所を求め、道標となる光を内側に探し求める。しかし高慢と野心によりその光が歪められた時、人はその闇の中でどれほどの誤ちを犯すのだろうか。

幼くしてバビロニアの神殿に売られたその女は、内に潜む闇を退ける意味を探し求める。女は神聖な儀式に安堵を見出すと、そこに安全と、自らに宿された力を感じた。信仰に厚く、同時に高慢でもあったその女は、地位を追い求める中で自らを不可侵な存在だと信じ込んだ。だが、疫病が体を蝕み始めて神々と対峙し、その運命に与えられる神の影響など何もないと悟った時にはすでに手遅れだった。

ジェーン・ロメロは影響力のある、象徴的な存在になろうと奮闘していた。それは困難にある人々を励まして支える声である。
自分の中の不安に打ち勝とうというメッセージを発信するべく、ジェーンは力を持った重役と戦った。ジェーンの目標は、将来的な成功のチャンスを台無しにする、苦痛に満ちた経験から人々を解放する事であり、毎日のように自分の信念と実践を何千人もの熱心なフォロワーにシェアした。
成功を積み重ねた結果、期待に応えてほしいというメディアからの圧力は増大し、辛い過去が肩にのしかかっていたジェーンは、自分の主張に筋が通っているのか疑問を感じるようになった。ある夜の生放送で精神的に疲れたジェーンは、番組終了後に車で家に向かう。途中でふと力の抜けたジェーンはしばらくの間目を閉じたが、それは終わることのない、重大な結果をもたらすことになった。



Leatherface™

それは最も純粋な殺戮者。彼を突き動かすものは純粋なる血肉への飢え。レザーフェイスはしくじることなく、止まることもない。ひとたびチェーンソーが始動すると、あなたの運命は確実に終わりを迎える。苦痛と恐怖の果てに訪れる死でさえも終わりではない。あなたは誰かの食卓を飾ることになるのだ。

チェーンソーが始動する時…
体の成長に心がついていけなくなった時、何が起こるのか?完全に成長した大人の体の中に囚われた、恐怖と不安を抱えた幼い子供。荒々しく振り回されるチェーンソー。家族の言いつけに背くことは許されない。彼らのシチューの中に何が入っているのか、誰にも知られるわけにはいかない。

レザーフェイスは精神の病んだ、顔に皮を被った殺人鬼というだけではない。彼は受け入れられ、認められることを願い求めているのだ。彼は苦痛から学び、現在の自分へとその人格は形成されていった。番犬、守護者、決してためらうことのない盲目の門番。すべての問題はチェーンソーで解決できるのである。



the Saw® Chapter

命こそ、我々が持つ最も大切なもの。与えられた贈り物ですが、この贈り物をただ浪費する者もいます。我々はただ存在するのではなく、「生きる」ことが大切なのです。そこでピッグが登場します――選ばれた者たちに、生きることのありがたみを理解する機会を与える教師として。
生き延びるために戦うか、あきらめて死ぬか。しかしデイヴィッド・タップの考えは違います。誰だって死の脅威という罠にはめられることなく、生きたいように生きる自由がある、彼はそう信じているのです。この熟練の刑事はピッグを追跡する中で、ギデオン精肉工場へとやってきました。

パズルを解け
パズルを解くというのは、高度に発達した脳を使わせるという意味で、良い効果があるとされています。「ポジティブなストレス」が得られるというわけです。しかし、それにも限度は存在します。血が流れる死に関わるような限度、そしてそこで忘れてしまいたいような記憶が作られていくでしょう。パズルマスターはピッグ、そして我々は被験者なのです。



A Nightmare on Elm Street™

ブギーマンは実在し、あなたのベッドの下に潜んでいます。あなたの寝室やあなたの心の中に潜み、あなたの夢に現れます。その夢が現実となることもあります。フレディ・クルーガーは呪いの真の意味を熟知しています。夢を見ているのか覚醒しているのかが曖昧な状態に、つまり生きているのか死ぬ間際なのか区別ができない状態に人を追い込むのです。中にはクエンティンのように眠りの誘惑に打ち勝つ者もいます。フレディが復讐に目覚めた場所へと戻らざるを得ない彼は、バッダム幼稚園へと向かいます。

幼稚園に戻る
夢が害を及ぼすことがあり得るなんて誰が考えたでしょう。物理的な、痛みを誘発するような有害なものになり得るとは?当然受けるべき処罰を受けたことに復讐を求める男の腐敗した魂が引き起こす恐怖と痛みの連続。起きていようが、夢を見てようが、フレディ・クルーガーを忘れ去ることはできません。



The Halloween® Chapter

そこでは、最も純粋な悪の形を目撃します。痛みは始まりであり、死は終わり。マイケルマイヤーズ自身に会うことができます。ローリーストロードと一緒に、あなたは生き残るために戦うか、彼らの古い故郷ハドンフィールドで対峙します。
私たちが着るマスク…
夜に忍び寄る白い仮面。ハエを傷つけないシンプルなベビーシッター、ドアのロックを解除して眠りにつくと安心した町。その暗いハロウィーンの夜に何が起こったのか?



Ash vs Evil Dead

ホラーシリーズAsh vs Evil Deadの伝説的ヒーロー、アッシュ・ウィリアムズがエンティティの世界に入り込んでしまった。今回チェーンソーは使わないものの、アッシュはおぞましい死を回避する方法を知っている。アッシュとして霧の中を彷徨い、邪悪なる者の手から再び逃れよ。

山小屋で週末を過ごしていたアッシュは、そこでネクロノミコン エクス・モーティス(死者の書)を発見し、森の中に眠る闇の力を目覚めさせてしまう。友人たちは悪霊に憑りつかれ、アッシュは彼らを殺すと同時に、自分の右手も切り落とす羽目となった。それから30年間、自分の過去から逃げ続け、バリューストップ百貨店で働きながら安酒場で手当たり次第女性を口説くような生活を送っていた。
しかしある晩、酒に酔ったアッシュは、大きな失敗を犯す。女性に良いところを見せようと思い、ネクロノミコンの呪文を読み上げてしまうのだ。そして再び悪霊が目覚めた。恐ろしい戦いを経て瀕死状態となったアッシュは、シュメールの騎士たちによって未来に連れ去られる。そして、悪魔との取引に失敗し、ショットガンもチェーンソーもない状態でエンティティの世界に取り残されてしまったのだ。



Ghost Face®

知人とは危険な欺瞞である。職場はそうした人間で溢れている。週に5日、たまたま隣にいる他人に過ぎないなか、日々の習慣により余所余所しい親密さが深まっていく。お互いのことを全く知らないという事実を忘れるにつれ、隙間は思い込みで埋められていく。その思い込みが間違いであることが、証明されるまで。
ゴーストはそれを最大限に利用した。新聞社の関係者は、ローズビルの殺人事件がゴーストに結びつくことに気づくこともできたかもしれない。手がかりなら存在していたのだ。ゴーストが仕事を休んだ日、被害者の死亡時刻、そして情報源が不明のゴーストが書いた詳細な記事…。だが同僚は見抜けなかった。それはゴーストが日常に溶け込んでいたからだ。左側に座っている男が、十数人の人間が殺害された事件に関わっているとは誰も想像しなかった。その事実が証明されるまでは。

結局、ゴーストはそれまでと同様にうまく逃げのびた。捜査機関の目がゴーストに向いた時には、すでに荷造りを終えて数マイル先まで車で逃げ、新たな仕事へと向かっていた。ただし今回ゴーストが見つけたのは、獲物で溢れた狩り場だった…。



Stranger Things Chapter

ストレンジャー・シングス 未知の世界チャプターでは、ホーキンス国立研究所の地下に存在する「地下施設」が新マップとして追加されます。新しい殺人鬼のデモゴルゴンは一筋縄ではいかない存在ですが、新チャプターでデモゴルゴンに立ち向かう生存者は1人ではありません。タフで野心的なジャーナリストのナンシー・ウィーラー、そしてスクールカーストの元トップであり、トラブルメーカーのスティーブ・ハリントンという2人の新たな生存者が登場。ストレンジャー・シングス 未知の世界チャプターには、「スティーブの腕まくりしたボロいシャツ」と、「ナンシーの引き裂かれたスウェットシャツ」の2つの限定スキンが収録されています。

それは1980年代初期、冷戦では実験が行われ、純粋であることが貴重だった時代、奇妙な物事があふれていた時代。インディアナ州にあるホーキンスという小さな町では極秘の実験が行われていた。ホーキンス国立研究所では事故により異界の門が開き、長く歪んだ爪、恐ろしい花のように開かれた顔を持つ怪物の群れが解き放たれた。怪物たちは、見かけた地元の子供たちに「デモゴルゴン」と名付けられた。

調査報道という点でナンシーの特技が初めて発揮されたのは、親友のバーバラ失踪後、ホーキンスにある秘密の政府組織を暴き出した時であった。1985年の夏にホーキンス・ポストを解雇されたあとも、彼女は手がかりを追うのをやめなかった…

以前は人気者のジョックであったスティーブは、ホーキンスで自分の居場所を見つけようと足掻いていた。高校時代は終わりを告げ、昔の友人たちは大学に進学。以来、彼はショッピングモールのアイスクリーム店でバイトをし、女の子といちゃつきながら秘密のロシア語の暗号を解析する毎日を過ごしていた。友人のダスティンとロビンのおかげでスティーブは自身の新たな一面を見出し、真の友情を学んだ。新たに得た友を想う気持ちのおかげで、スティーブは元カノのナンシーが危険な状況にあると知ると、助けに行かざるをえなくなってしまう…



Cursed Legacy Chapter

新チャプター「呪われた遺産」には、新マップ「怒りの聖所」が収録されており、さらに新たな殺人鬼である「鬼」が登場します。鬼はエンティティの手に堕ちた元侍で、その姿は内なる苦悩を映し出し、犠牲者の恐怖を支配する怒りと暴虐の化身となります。新たな生存者として登場する木村結衣は、伝統を嫌い、弱き者を助ける天才バイカー。突然、命を懸けた終わりのないレースに巻き込まれてしまいます。また「呪われた遺産」では、結衣の限定スキン「ピンクストライプの上衣」が手に入ります。

本物であるとは、どういう意味だろうか。家族や伝統の重圧を抱えた人間は、いかにして宿命に従うのか?我が道を歩くということは、多くの場合において骨折りできわどい奮闘があり、そこには予期せぬ喜びや困難があふれている。突き詰めれば、それはしきたりと自己実現の間で均衡を保つことだ。しかしアイデンティの葛藤を抱えながら決断は下され、善かれ悪しかれ結果を直視しなければならない。



Chains of Hate Chapter

チャプター「憎しみのチェーン」に収録される新マップの「死んだ犬の酒場」の舞台は、グレンベールのゴーストタウン。
肩にチップを埋めた元賞金稼ぎの新殺人鬼、デススリンガーは、ヘルシャー刑務所で裏切られた後に虐殺事件を引き起こし、エンティティの世界へといざなわれた。そこでデススリンガーは、鎖を放つライフルという独自の発明品を駆使してエンティティのために生存者をかき集める。新生存者のザリーナ・カッシルはカメラと映画作りのスキルを活かして非力な他者を手助けする、現代版カウボーイ。ヘルシャー刑務所で起きた「狂乱アイルランド人虐殺事件」を調査したザリーナが解明したものは、予想した以上の真実だった。


にほんブログ村 ゲームブログへ 

【公式】Dead by Daylight

Wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/Dead_by_Daylight

関連記事

まだデータがありません。

Popular Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です