評価: 12345 (まだ評価がありません)
読み込み中...
近日中に実装が予定されている様々な変更点


殺人鬼エクセキューショナーの変更について



裁きの儀式をキャンセル後、エクセキューショナーが通常攻撃を出せるようになるまでのクールタイムを延長します。

地獄の罰を発動後のクールタイムを短縮します。

 

固有パークの変更について

🔸煩悶のトレイル(Trail of Torment):エクセキューショナー

“煩悶のトレイル”により発動した探知不可の効果は、マークした発電機の後退が止まるか、あるいは生存者を瀕死状態にするまで継続するようになります。

🔸強制苦行(Forced Penance):エクセキューショナー

衰弱の効果時間を20秒に増加します。

🔸血の協定(Blood Pact) … シェリル・メイソン

迅速の効果時間を見直し、対象の生存者2人が16m以内の距離にいる間ずっと迅速状態が続くようにします。


その他のパークの変更について


次回チャプター間アップデートでは他にも複数のパークのアップデートを予定しています。変更されるパークの一覧と簡単な説明は以下の通りです。

 

サバイバーパーク

🔸強硬手段(Any Means Necessary):木村結衣

クールダウンを60秒に短縮します。
パレットを戻すのに得点を追加します。

🔸ツルツルとした肉体(Slippery Meat):共通パーク

トラバサミからの脱出確率を上げる効果を削除します。
フックから自力脱出できる確率を上げる効果を追加します。

🔸ずっと一緒だ(We’re Gonna Live Forever):デイビッド・キング

トークンを取得できる手段を増やします。
瀕死の生存者の治療速度を上昇する効果を追加します。

🔸テクニシャン(Technician):フェン・ミン

発電機のスキルチェック失敗時、確実に爆発を回避できるようにします。
発電機のスキルチェック失敗時、修理進行度に対するペナルティを増加します。

🔸人々のために(For The People):ザリーナ・カッシル

発動時に得点を追加します。

 

キラーパーク

🔸マインドブレイカー(Mind Breaker):デモゴルゴン

疲労の効果時間を延長します。

🔸無慈悲の極地(Cruel Cruel Limits):デモゴルゴン

効果範囲を32mに増加します。

🔸死恐怖症(Thanatophobia):ナース

治療速度に対するマイナス効果を削除します。
他の行動速度に対するマイナス効果を増加します。

🔸イタチが飛び出した(Pop Goes The Weasel):クラウン

有効時間を45秒に短縮します。


グラフィックアップデート: マクミラン・エステート


パークの仕様変更やグラフィックの変更は9月30日からSteam版で開放されるパブリックテストビルド (PTB) でテスト可能になるようです。



にほんブログ村 ゲームブログへ

Dead by Daylight

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です