評価: 12345 (まだ評価がありません)
読み込み中...
コラボ作品一覧


ホラー映画・ドラマ・ゲームのコラボ作品



映画「ハロウィン」(1978年公開)

ほとんどの住民が鍵をかけずに眠りにつくハンドフィールドの町は、誰もが安全だと思いこんでいた。夜を闊歩する白いマスクが次の犠牲者を求め帰省した時、ハロウィーンの一夜は一変する。純粋なる悪を目撃せよ。苦痛に始まり、死で終わる場所。そこであなたはマイケル・マイヤーズと遭遇する。ローリー・ストロードと共に、彼らの生まれ故郷の町ハドンフィールドで、生存者として生き延びるか殺人鬼として殺戮の限りを尽くすのか、選択はあなた次第だ。

Nintendo Switch版
Steam版


映画「悪魔のいけにえ」(1974年公開)

体の成長に心がついていけなくなった時、何が起こるのか?完全に成長した大人の体の中に囚われた、恐怖と不安を抱えた幼い子供。荒れ狂ったように振り回されるチェーンソー。家族の言いつけに背くことは許されない。彼らのシチューの中に何が入っているのか、誰にも知られるわけにはいかない。
レザーフェイスは精神の病んだ、顔に皮を被った殺人鬼というだけではない。彼は受け入れられ、認められることを願い求めているのだ。彼は苦痛から学び、現在の自分へとその人格は形成されていった。番犬、守護者、決してためらうことのない盲目の門番。すべての問題はチェーンソーで解決できるのである。

Nintendo Switch版
Steam版


ゲーム「Left 4 Dead」(2008年発売)

戦争のベテランのビルオーバーベックとして別の日に戦う場合は、その快適なベレー帽と緑の戦闘ジャケットを着用してください。あなたは死んだままにされたが、目が覚めた。これであなたはあなたが望んだ唯一のものを得ました:戦うべき敵。


映画「エルム街の悪夢」(2010年公開)

ブギーマンは実在し、あなたのベッドの下に潜んでいます。あなたの寝室やあなたの心の中に潜み、あなたの夢に現れます。その夢が現実となることもあります。フレディ・クルーガーは呪いの真の意味を熟知しています。夢を見ているのか覚醒しているのかが曖昧な状態に、つまり生きているのか死ぬ間際なのか区別ができない状態に人を追い込むのです。中にはクエンティンのように眠りの誘惑に打ち勝つ者もいます。フレディが復讐に目覚めた場所へと戻らざるを得ない彼は、バッダム幼稚園へと向かいます。

幼稚園に戻る
夢が害を及ぼすことがあり得るなんて誰が考えたでしょう。物理的な、痛みを誘発するような有害なものになり得るとは?当然受けるべき処罰を受けたことに復讐を求める男の腐敗した魂が引き起こす恐怖と痛みの連続。起きていようが、夢を見てようが、フレディ・クルーガーを忘れ去ることはできません。

Steam版


映画「SAW」(2004年公開)

命こそ、我々が持つ最も大切なもの。与えられた贈り物ですが、この贈り物をただ浪費する者もいます。我々はただ存在するのではなく、「生きる」ことが大切なのです。そこでピッグが登場します――選ばれた者たちに、生きることのありがたみを理解する機会を与える教師として。生き延びるために戦うか、あきらめて死ぬか。しかしデイヴィッド・タップの考えは違います。誰だって死の脅威という罠にはめられることなく、生きたいように生きる自由がある、彼はそう信じているのです。この熟練の刑事はピッグを追跡する中で、ギデオン精肉工場へとやってきました。

Nintendo Switch版
Steam版


ドラマ「死霊のはらわた リターンズ」

山小屋で週末を過ごしていたアッシュは、そこでネクロノミコン エクス・モーティス(死者の書)を発見し、森の中に眠る闇の力を目覚めさせてしまう。友人たちは悪霊に憑りつかれ、アッシュは彼らを殺すと同時に、自分の右手も切り落とす羽目となった。それから30年間、自分の過去から逃げ続け、バリューストップ百貨店で働きながら安酒場で手当たり次第女性を口説くような生活を送っていた。しかしある晩、酒に酔ったアッシュは、大きな失敗を犯す。女性に良いところを見せようと思い、ネクロノミコンの呪文を読み上げてしまうのだ。そして再び悪霊が目覚めた。恐ろしい戦いを経て瀕死状態となったアッシュは、シュメールの騎士たちによって未来に連れ去られる。そして、悪魔との取引に失敗し、ショットガンもチェーンソーもない状態でエンティティの世界に取り残されてしまったのだ。

Nintendo Switch版
Steam版


映画「スクリーム」(1996年公開)

知人とは危険な欺瞞である。職場はそうした人間で溢れている。週に5日、たまたま隣にいる他人に過ぎないなか、日々の習慣により余所余所しい親密さが深まっていく。お互いのことを全く知らないという事実を忘れるにつれ、隙間は思い込みで埋められていく。その思い込みが間違いであることが、証明されるまで。
ゴーストはそれを最大限に利用した。新聞社の関係者は、ローズビルの殺人事件がゴーストに結びつくことに気づくこともできたかもしれない。手がかりなら存在していたのだ。ゴーストが仕事を休んだ日、被害者の死亡時刻、そして情報源が不明のゴーストが書いた詳細な記事…。だが同僚は見抜けなかった。それはゴーストが日常に溶け込んでいたからだ。左側に座っている男が、十数人の人間が殺害された事件に関わっているとは誰も想像しなかった。その事実が証明されるまでは。
結局、ゴーストはそれまでと同様にうまく逃げのびた。捜査機関の目がゴーストに向いた時には、すでに荷造りを終えて数マイル先まで車で逃げ、新たな仕事へと向かっていた。ただし今回ゴーストが見つけたのは、獲物で溢れた狩り場だった…。

Nintendo Switch版
Steam版


ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016年放映)

それは1980年代初期、冷戦では実験が行われ、純粋であることが貴重だった時代、奇妙な物事があふれていた時代。インディアナ州にあるホーキンスという小さな町では極秘の実験が行われていた。ホーキンス国立研究所では事故により異界の門が開き、長く歪んだ爪、恐ろしい花のように開かれた顔を持つ怪物の群れが解き放たれた。怪物たちは、見かけた地元の子供たちに「デモゴルゴン」と名付けられた。

調査報道という点でナンシーの特技が初めて発揮されたのは、親友のバーバラ失踪後、ホーキンスにある秘密の政府組織を暴き出した時であった。1985年の夏にホーキンス・ポストを解雇されたあとも、彼女は手がかりを追うのをやめなかった…

Nintendo Switch版
Steam版


ゲーム「サイレントヒル」(1999年発売)

加虐的で無慈悲な処刑人である三角頭は、痛みを通して断罪を施すことに固執している。頭部に鋼鉄の枠をかぶり、歪で巨大な鉈を携え、彼はサイレントヒルの地獄のごとき道を常人には理解しようもない使命を背負い闊歩していた。彼の行く場所は怪物でさえ陰に潜み、出会った生き物は、ためらいのない攻撃行為の犠牲となった。使命を果たし自身の存在が必要でなくなった時、彼は長い眠りにつこうとしたが、別の世界でその力が必要とされてしまった。彼を包んだ霧は、サイレントヒルで見かけるものとは違っていた。まるで生き物の神経束のようなそれは、這いよるように彼にたどり着いた。そこには暗黙の了解があった。押し寄せる雲は使命とサディズムへの招待状だ、霧に足を踏み入れた三角頭は再び自らの責務を受け入れた。

Nintendo Switch版
Steam版




ダウンロードコンテンツ


デッドバイデイライトはDLCを購入することで、コラボキャラクターを使用することができます。

チャプターを購入すると、キラー・サバイバーが追加されます。

また、ゲーム内通貨のオーリックセルを使用して個別にキャラクターを解放することができます。

各キラーやサバイバーにティーチャブルパークがあり、解放しておかないとパークは使用できないのでほしいティーチャブルパークがある場合は、チャプター購入やキャラクター購入をしてパークを解放しましょう!

また、聖堂(シュライン・オブ・シークレット)にもDLキャラクターのティーチャブルパークが出ることがあり、Switch版ではナイトメアとクエンティン・スミスのティーチャブルパークは聖堂でのみ解放できます。

過去、リメンバー・ミーや寝ずの番が登場しておりました。

サバイバー・キラー共にパークを解放して、デッドバイデイライトを楽しみましょう!

 


にほんブログ村 ゲームブログへ 

Dead by Daylight

関連記事

Popular Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です