評価: 12345 (まだ評価がありません)
読み込み中...
9月21日現在発生しているバグ


9月9日アプデ後、確認しているバグと対策



キラーで発電機破壊が出来ない(発生頻度大)

離れてから再度アクションを起こせば実行できる可能性があります。
蹴る場所を変えれば破壊行動がとれることもあります。

 

キラーでパレット破壊が出来ない(発生頻度大)

離れてから再度アクションを起こせば実行できる可能性があります。
私は、2回アクション出来なかったらあきらめます。

 

キラーでロッカーを開けれない(発生頻度大)

離れてから再度アクションを起こせば実行できる可能性があります。
ハントレス以外ではロッカーを開けずに前で一度止まるだけにしてます。

 

キラーで窓枠を越えれない(発生頻度中)

離れてから再度アクションを起こせば実行できる可能性があります。
それでも越えれない場合はあきらめるしかありません。

 

キラーで這いずり状態のサバイバーの声が聞こえない(発生頻度小)

目視で探すか、アクションボタン連打。



キラーでフックに吊れない(発生頻度大)

公式にもありましたが、一度降ろしてから再度アクションを行う事でほぼ確実に吊るせます。ですが、距離が離れていた場合降ろす行動で逃げられてしまうこともあるので、現状はフックが遠い場合無理に吊るしに行かず放置してます。

 

キラーでアクション中のサバイバーのキャッチができない(発生頻度大)

キャッチモーションが解除されると同時に発電機やロッカーにスタックしてしまうこともあります。攻撃判定がサバイバーに接近した状態だとキャッチモーションに入りますが、対策は特にありません。スタックも出れる場合と出れない場合があるので様々です。

 

サバイバーで発電機修理完了時に発電機修理台数がカウントされない(発生頻度小)

カウントされていない発電機の後、次の発電機が修理完了するとカウントされます

 

フック救助時に攻撃を食らっても無敵時間が発生する(発生頻度小)

このバグはあったり無かったりなので、サバイバーが救助しきるのを待つか、無敵状態でも一撃当ててしまうかのどちらかです。サバイバーからすれば攻撃食らわなかったらラッキーですね。

 

”決死の一撃”のスタン時間が短い(発生頻度中)

特定のキラーで、決死の一撃を実行した際のスタン時間が短くなるのですが、そもそも警戒されていたりするので、特定のキラーにのみスタン時間が短いことを把握しておくことで対策しましょう。

対象キラー

レイス / ハグ / ハントレス / シェイプ
ナイトメア / ピッグ / スピリット



キラーをやるのに辛いバグが多い


キラー・サバイバー共にプレイしてますが、キラーやるとほぼ毎回何かしらのバグが出ている状態です。

特に「フックに吊れない」バグ、「アクションが起こせない」バグが頻発しております。

Switch版でやってますが、初期画面からゲームが始まらないバグはアプデ後に遭遇しただけで、Switch本体の再起動で改善されています。

サバイバーをプレイしようにも、現状キラーが不遇の状態でサバイバー人口も多くなっているのか、マッチング時間が8分~15分となかなか時間がかかります。

 

結論:

キラーでプレイすすると、待ち時間がほぼゼロな代わりにプレイ時にバグがある。
サバイバーでプレイすると、待ち時間が結構ありますが、プレイ自体はストレスフリー。DSだけキラー見て警戒するぐらい


にほんブログ村 ゲームブログへ 

Dead by Daylight

関連記事

Popular Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です