評価: 12345 (まだ評価がありません)
読み込み中...


タップ刑事 (David Tapp)


デイヴィッド・タップ刑事は正義感のある者達の一人だった。殺人犯に法の裁きを与え、被害者らの無念を晴らしたいという強い意志で、長く輝かしい経歴を歩んできた。

最初にジクソウの事件の情報に触れた時は、他の事件と大差ないように思われた。確かに陰惨で不気味ではあったが、所詮犯人は誇大妄想の狂人に違いなく、すぐに牢にぶち込まれる運命だと。

タップにひらめきが舞い降り、彼は相棒のスティーブン・シンとともに廃棄されたマネキン工場に乗り込み、そこでジグソウのアジトを見つけた。彼らは男を捕まえたが仮面を剥ぐ前に脱走され、その際タップは喉を切り裂かれてしまう。

相棒のシンが一人で追跡したが、ショットガンの罠にかかって死亡する。

タップはこの件に限っては捜査を規則通りに進めておらず、令状なしでアジトに踏み込んだ上、刑事一人が死ぬ結果を招いた。喉の切り傷と罪悪感を抱えたまま、彼は刑事をクビになった。

彼は罪悪感を妄執に変えた。 あの連続殺人鬼を見つけ出し、殺人を止め、汚名をそそぎ、相棒の敵を討つのだと。証拠を追っていくうち、彼はローレンス・ゴードン医師が犯人であると目星をつけ、何か有罪の証拠が見つかると確信し、その医師のアパートを張り込んだ。

そこで彼は、ゴードン医師の部屋の窓越しに不審者を目撃、次いで銃声を聞いた。タップはこの男と争い、男は逃亡。 追跡するうちにとある工業ビルにたどり着く。

だがタップはもう若者ではなかった。 若い頃であれば苦もなく勝てたであろう戦いの果てに、タップは胸を銃で撃たれた。床にくずおれる彼には、失敗しか見えていなかった。 相棒を、他の犠牲者たちの敵を討てなかった。殺人鬼の正体が誰であれ、タップはそいつを止められなかった。 これからも被害者は増えるだろう、そしてそれは自分のせいなのだ。

怒りと罪悪感に飲み込まれるように、彼は目を閉じた。彼の下で、コンクリートの床が柔らかく変わった。 指を地面にめり込ませると、泥と枯れ葉の感触がした。溢れた血でべとべとだった筈のシャツの胸は乾いており、痛みも消え去っていた。目を開けると、暗い空と、今にも掴みかかってきそうな木々の枝が見えた。

森の中に響き渡る悲鳴が彼の胸に新たな使命感をもたらした。ここ数ヶ月で初めて、彼の精神は澄み渡っていた。 被害者の無念を晴らし、殺人鬼を阻止しなければ。この場所が何なのかはわからなかったが、彼はまだ刑事であり、これからも刑事なのだ。やるべき仕事がある。


タップ刑事の特性

難易度:普通

性別:男性
年齢:30代
国籍:アフリカ系アメリカ人
声優:Dave Blake


タップ刑事 (David Tapp) ティーチャブルパーク

🔶執念(Tenacity)

這いずり状態の移動速度が(30/40/50%)上昇する。
這いずり移動しながら回復が可能となる。

Lv.30でティーチャブルが出現

🔶刑事の直感(Detective’s Hunch)

あなたが発電機の修理を完了する度に効果が発動。
(32/48/64m)以内の発電機、チェスト、トーテムを5秒間視ることができる。
地図を持っているとき、探知した全てを記録する。

Lv.35でティーチャブルが出現

🔶張り込み(Stake Out)

殺人鬼の脅威範囲内で追われていないとき効果が発動。
累計15秒ごとにトークンを取得。最大(2/3/4)トークンまで溜まる。
スキルチェックの「Good」が「Great」として判定され、1トークン消費する。

Lv.40でティーチャブルが出現


にほんブログ村 ゲームブログへ 

Twitter

関連記事

Popular Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です