評価: 12345 (まだ評価がありません)
読み込み中...
クロスプラットフォーム、クロスプログレッション機能について


デッド・バイ・デイライト公式ページにて



Dead by Daylightにクロスプレイ機能を追加することに成功して以降、プラットフォーム間でゲームの進行状況を共有するクロスプログレッション機能の開発は進行しており、今回新たなお知らせを公開できることを嬉しく思っています。
8月に実装したクロスプレイでPC版と家庭用ゲーム機版のプレイヤーが一緒に遊べるようになりました。今になって振り返ると改めてクロスプレイは素晴らしい結果を生みました。クロスプレイの実装は理想通りスムーズに行われ、全体的にマッチメイキングの待ち時間を短くすることができました。もちろん今後も状況の監視は続けますが、全体的なゲーム体験をとても大きく向上させることができたことは間違いないと考えています。
もうひとつの大事な機能はクロスプログレッションです。過去数ヶ月、クロスプログレッション機能をSteam版とGoogle Stadia版に実装するために開発を続けてきました。現在最後の細かい部分の開発を行っており、これら2つのプラットフォーム両方への実装に近づくことができています。
クロスプログレッション機能に関連し、Behaviourアカウントを作成するための新しいウェブサイトの開発を行いました。ここではクロスプログレッションを有効化し、ゲームの進行度とアイテムをSteam版とStadia版で共有するためのアカウント登録を行うことができます。

ニュース | クロスプラットフォーム各機能について その2

クロスプログレッションの実装が待ち遠しい。

前回の記事でもすこし書きましたが、キャラクター毎に成長度合いが一番高いプラットフォームを採用し統合するとのことで、PC版でキラーだけやっていて、Switch版でサバイバーだけやっていた場合、クロスプログレッション機能で両方の成長度を共有できるとの事です。

 

クロスプログレッションの流れ

・Behaviourアカウントを作成

・各プラットフォームと連携するための機能を使用する。

・連携の手順が完了して再びゲームにログインすると、キャラクターの成長度、ダウンロードコンテンツ、購入したスキンを各プラットフォームで使用できるようになる。

現状、SteamとStadiaでの調整を行っているようで、Nintendo Switch版は最後になるようです。

PS4版は残念ながらクロスプログレッションに対応する予定が今のところ無いとの事。

 

クロスプレイは順調とありますが、Switch版でプレイしている私は、未だにクロスプレイをオンにしてキラーでプレイすることはありません。

サバイバーはマッチングが遅いのでクロスプレイをすることはありますが、正直オフでも待ち時間は変わらないといったところです。



にほんブログ村 ゲームブログへ

Dead by Daylight

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です