評価: 12345 (まだ評価がありません)
読み込み中...


エクセキューショナー ・三角頭(The Executioner)


加虐的で無慈悲な処刑人である三角頭は、痛みを通して断罪を施すことに固執している。頭部に鋼鉄の枠をかぶり、歪で巨大な鉈を携え、彼はサイレントヒルの地獄のごとき道を常人には理解しようもない使命を背負い闊歩していた。

彼の行く場所は怪物でさえ影に潜み、出会った生き物は、ためらいのない攻撃行為の犠牲となった。使命を果たし自身の存在が必要で無くなった時、彼は長い眠りにつこうとしたが、別の世界でその力が必要とされてしまった。

彼を包んだ霧は、サイレントヒルで見かけるものとは違っていた。まるで生き物の神経束のようなそれは、這い寄るように彼にたどり着いた。そこには暗黙の了解があった。押し寄せる雲は使命とサディズムへの招待状だ、霧に足を踏み入れた三角頭は、再び自らの責務を受け入れた。


エクセキューショナー・三角頭 の特性

難易度:普通

特殊能力:裁きの儀式

早さ:4.6m/s

心音範囲:32m

背が高い


エクセキューショナー・三角頭 (The Executioner) ティーチャブルパーク

🔶強制苦行(Forced Penance)

味方の代わりに攻撃を受けた生存者は(40/50/60秒間)衰弱のステータス効果に苦しめられる。

Lv.30でティーチャブルが出現

🔶煩悶-はんもん-のトレイル(Trail of Torment)

発電機を蹴ると16秒間探知不可状態を得る。この間、その発電機の黄色いオーラが生存者に視えるようになる。
この効果は(80/70/60秒)ごとに1回のみ発動する。

Lv.35でティーチャブルが出現

🔶デスバウンド(Deathbound)

殺人鬼から32m以上離れた場所で生存者が別の生存者を治療して1段階回復させると、治療を施した側の生存者が叫んで位置が判明し、60秒間デスバウンドが発動する。
発動中、その生存者は治療した生存者から(16/12/8m)以上離れると忘却のステータス効果に苦しむ。

Lv.40でティーチャブルが出現


にほんブログ村 ゲームブログへ 

Twitter

関連記事

Popular Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です