評価: 12345 (まだ評価がありません)
読み込み中...

What Happenedは激しい不安とうつ病に苦しむティーンエイジャーの男子の心の中の世界を体験する、ほかに類を見ないゲーム。プレイヤーは一人称視点にて、主人公・スタイルズの歪んだ記憶が入り混じった、悪夢のような精神世界の中を旅することになる。彼を心の闇から救い出せるかどうかは、心の壊れやすい少年にどれだけあなたが共感できるかにかかっている。」

主な特徴:

心の闇を抱えるアメリカの高校生、スタイルズの精神世界をナビゲートする妥協のないサイコスリラーゲーム。

一人称視点で、不安とうつ病に苦しむ男子高校生の心の中の世界を体験するユニークなゲーム。

主人公の歪んだ記憶が入り混じった、悪夢のような精神世界を舞台とする。
環境を活かしたパズルや示される手がかりによってスタイルズの歪んだ精神世界が表現されている。

あなたが主人公に示す共感が、彼の進む道筋にかすかな影響を与えていく。

成人向けコンテンツの説明
開発者はコンテンツを次のように説明しています:
このゲームに含まれるコンテンツは、すべての年齢層に適しているとは限りません。主人公は時々鋭利な物を使って自傷行為をしたり、幻想領域に入るため薬を服用したりし、プレイヤーの行動によっては非グラフィカルな自殺の描写が登場することがあります。カットシーンやゲームプレイには、鋭利な物の使用を含む、暴力シーンや流血シーンが含まれます。ダイアログや文章には不適切な言葉が使われる場合があります。


What Happened

What Happenedはうつ病に苦しむアメリカの高校生、スタイルズの視点を描いた、一人称視点のサイコスリラーゲーム。

言語: インターフェイス フル音声 字幕
日本語
英語
フランス語
ドイツ語
スペイン語 – スペイン
韓国語
ポーランド語
ポルトガル語 – ブラジル
ロシア語
中国語 (簡体字)

システム要件

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー: Intel core i3 4160 / AMD Ryzen 3300x
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 750 Ti / AMD Radeon R9 270x
DirectX: Version 11
ストレージ: 17 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX®11.0互換
追記事項: 64ビット版プロセッサとオペレーティングシステムが必要
推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-6500 (3.2 GHz) / AMD Ryzen 5 1600
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 1050 Ti / AMD Radeon RX 470
DirectX: Version 11
ストレージ: 17 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX®11.0互換
追記事項: 64ビット版プロセッサとオペレーティングシステムが必要

© 2020 Published and distributed by KATNAPPE SP. Z O. O. All rights reserved.



にほんブログ村 ゲームブログへ 

Popular Posts